« 【第三話】いよいよ本番です!? | トップページ | [重要] 不正行為への対応に関して »

2015年11月14日 (土)

【第四話】想定外なんです!?

デビューに向けて士気を高めていた乙女たち。
そこへやってきた一人の使い魔……。

Seacret ???
「ちょっと、あなたたち、【アイドル】っていうものを勘違いしすぎ!」


Hp_icon_roroi ロロイ
「ホロロロロロ~? どなたかな?」


Yoko ヨーコ
「ええ!? 忘れちゃったんですかぁ?」
「私は、イシュタリアのアイドル! あなたの心にも私の光を! ヨーコです!(びしっ)」


Yoko_2 ヨーコ
「では聞いてください。新曲『あなたの使い魔になりたい』」
「~♪」


Hp_icon_rozari ロザリー
「突然歌い出したわ……」
「ま、まぁ、悪くないけど……」


Hp_icon_rananHp_icon_sufreHp_icon_catrea ラナン、スフレ、カトレア
「かぁわいい~!」


Hp_icon_rozari_2 ロザリー
「はいはい。静かに~」
「ね、ねぇ、何事?」


Hp_icon_prumeria プルメリア
「あ、あの~、ヨーコさん……? 私たちが”勘違いしている”とは、どのようなことなのでしょうか?」


Yoko_3 ヨーコ
「あっ、そうだった!」
「ズバリ言わせてもらうけど、あなたたちがやってるのは【鼓笛隊】よ!」
「全然【アイドル】じゃないわ!」


Hp_icon_sufre_2 スフレ
「……? あいどると、こてきたいの違い、スーにはわからないよ」


Hp_icon_ranan_2 ラナン
「もっと詳しく教えてくれると嬉しいな!」


Yoko_4 ヨーコ
「んもう~、しょうがないわね!」


Yoko_5 ヨーコ
「アイドルっていうのはね、歌って踊って、観てる人を、聞いてる人の気持ちを、元気にしたり幸せにしたりするものなの」

Yoko_6

ヨーコ

「楽器を演奏してるだけのあなたたちのでは間違いなのよ!」



Hp_icon_ranan_3Hp_icon_catrea_2Hp_icon_sufre_3Hp_icon_rozari_3Hp_icon_prumeria_2 ラナン、カトレア、スフレ、ロザリー、プルメリア
「……!」


Hp_icon_catrea_3 カトレア
「……とても……ガッカリした気分……です……」


Hp_icon_rozari_4 ロザリー
「はぁ……。そんなことだと思ったわ……。この企画、中止ね、ちゅ・う・し……」


Hp_icon_roroi_2 ロロイ
「ホロロロ。それは無理ですぞ」
「場所を押さえるのに幾らかかったと……、いや既に前売りチケットは完売ですので」
「払い戻しとなるとそれはもう……ホロロロロ……」


Hp_icon_prumeria_3 プルメリア
「御事情は察しますが、さすがに私どもも間違ったものを皆様にお披露目するわけには……」


Hp_icon_rozari_5 ロザリー
「プルメリアの言う通りよ。さっさと払い戻しの手続きを始めることね」


Hp_icon_sufre_4 スフレ
「えー、スー、一生懸命練習したのにぃー」


Hp_icon_catrea_4 カトレア
「…甚だ…残念ではありますが……」


Hp_icon_ranan_4 ラナン
「ごめんなさい。ロロイ」


Hp_icon_roroi_3 ロロイ
「ホロロロロ……」


Yoko_7 ヨーコ
「……。そんな簡単にあきらめちゃうの?」
「……1つだけ、方法があるわ。」


Hp_icon_roroi_4 ロロイ
「本当ですか! それはとんでもない朗報ですぞ!」


Yoko_8 ヨーコ
「イベントに間に合わせて、ちゃんと【アイドル】としてデビューするの」


Yoko_9 ヨーコ
「私が今から、デビューまでに、みっちりあなたたちに【アイドル】としての歌と踊りを叩きこんであげる」


Yoko_10 ヨーコ
「ただし、並大抵の精神力ではついてこれないわ」
「でも、あなたたちはこの世界を守る乙女。だから出来る」
「そう思って提案してるんだけど」


Hp_icon_roroi_5 ロロイ
「それは是非ともやらs……」


Hp_icon_rozari_6 ロザリー
「待って! ウサギは黙んなさい!」
「みんなの意見を聞くわ」


Hp_icon_prumeria_4 プルメリア
「そうですわね……。せっかく私たちを待っている大勢の皆さんがいらっしゃいますし……」


Hp_icon_ranan_5 ラナン
「体力には自信あるわよ!」


Hp_icon_sufre_5 スフレ
「痛いのじゃなかったら、スーがんばる!」


Hp_icon_catrea_5 カトレア
「あの……衣装……、着られる……な……ら……」


Hp_icon_rozari_7 ロザリー
「……はぁ。どうやら決まりみたいね……。ヨーコ、信じていいのね?」


Yoko_11 ヨーコ
「もちろんよ! イシュタリアNo.1アイドルが保証するわ!」


Yoko_12 ヨーコ
「衣装はそのままで行くわ!時間もないし!」


Yoko_13 ヨーコ
「厳しい特訓になるけど、ついてきてね! 乙女のみなさん♪」


Hp_icon_roroi_6 ロロイ
「良かった! 良かったですぞ! ホロロロロ……!」


こうして、真の【アイドル】を目指し正しい方向に?改めて歩み出した5人。
ヨーコの厳しい特訓とは!?
乙女たちは無事デビューすることが出来るのか!?


続く

|

« 【第三話】いよいよ本番です!? | トップページ | [重要] 不正行為への対応に関して »